いつもより眺めが良い2階に少し戸惑う〜マニラ・ケソンの置屋KTV「CRISTYLAN」

アンへレス出張が立て続いたが、今日はマニラのケソンシティの調査。しかもローカル。場所はカムニン(Kamuning)通り。

 

マラテ、マカティからからだと渋滞が酷い。

 

マラテ、エルミタ界隈からだとタフトアベニュー(Taft Avenue)・オーロラブルバード(Aurora Boulevard)ルート。

 

マカティからだとエドサ(EDSA)通り経由だ。

 

 

カムニン通りにはローカル置屋KTVが数軒あるが、今日はクリスティラン(CRISTYLAN)へ行ってきた。店の前を通ると一目でそれとわかる。マッサージ師たちがプラスチックの椅子に鎮座しているからだ。

 

 

店内の様子。異様に暗い。フィリピンは電気代が高いので無駄な電力は1kwたりとも無駄にしない。メンテナンスは定期的にしないのに、電気を消すという行動は瞬発的に行えるショッピングモールのエスカレーターと同じだ。ドリンクは1杯45ペソオンリー、カラオケ1曲5ペソ又は3曲20ペソ。ソングブックには5桁までの曲番があるが、実際は4桁の曲番しか機械が受け付けないのがオツだ。

 

 

2階。他のローカル置屋と同様のサービスを受けることができるがSマッサージは無い。扉も無い。8ブースぐらいあるが、先客がいると気まずい。部屋代600ペソ。NHマッサージ500ペソ。マッサージ代はマッサージ師に直接払う。

 

具体的な場所。

コメント