オンヌット、シーナカリンの交差点近くのマッサージ置屋

軒並み高騰を続けるバンコクの風俗。もはや日本でも同等の値段でハイクオリティなサービスが受けれるんじゃないかと思いだした人もいることだろう。高給取りのサラリーマンにとっては、そんな誤差大したことないと思われるかも知れないが、給与のあがらない平社員にとって、バンコクはもう風俗天国ではなくなっているのが現状だ。

そんな中、バンコク市内でマイナーなマッサージ置屋を発見したので、今日はかるく報告したいと思う。

 

Arinスパの地図

Arinスパの場所は、オンヌット通りのソイ62。シーナカリン通りの一つ東の通り。たぶんアリンスパと読むのだと思われる。

 

Arinスパまでの道のり

オンヌット通りとシーナカリン通りの交差点を東に歩く。こんな薄暗いところにマッサージ置屋があるのかと、疑問の念がわくが、進まないことには結果がでないのはわかっていた。

 

オンヌットのソイ62を南に右折。やはり薄暗い通りだったが、ポツンと明かりがともる店を発見。わずかな希望に胸を膨らませる。

 

料金

店内に入るとカウンターがあり、その上にはまさにマッサージ置屋ですと言っているような料金表。あまりにあからさまで驚いたのは言うまでもない。料金は下記のとおり。マッサージ師のランクによって特上と普通が分かれており、B2Bとはボディトゥボディの略で、乳首舐めや、オイルを胸に塗って身体と身体をこすり付けあうマッサージのことである。

参考:スパ用語解説 B2B

  • 特上
    • B2B:1500バーツ
    • SEX:2500バーツ
  • 普通
    • B2B:1200バーツ
    • SEX:2200バーツ

 

部屋

料金はもちろん前払い。支払った後はカウンターの横にある通路から建物の上へあがる。

 

部屋は比較的清潔でシャワー付き。バンコクのロシア置屋やハーレムのような造りだ。

関連記事

バンコクのロシア人マッサージ風俗置屋ラジャホテル改め、ロイヤルガーデンホテル
バンコクだけでなくジャカルタや香港にも白人系のマッサージがあったので特に気にも止めなかったが、バンコクの普通のマッサージの値段が異様に高騰しているので、料金的にもちょっとだけ割高なロシア系のマッサージを受けてみようと思い、バンコクでの捜査を...
数多のマッサージ師の中でも一際、目立った存在に舌鼓をうつ。ペッチャブリ41のハーレムという名の店。
日本人の手垢のついたマッサージ師のマッサージは受けたくない。そんな思いからローカルマッサージに常日頃からアンテナを立てている。前回(バンコク、ペチャブリ(Phetchaburi)通り周辺のマッサージMP置屋「プラザエンターテイメントコンプレ...

 

エアコンもついているので、汗をかきながらマッサージを受けるのが嫌いな人も大丈夫である。

 

マッサージ師

マッサージ師は4名ほどいたと思うが、そのうちの色白長身のマッサージ師をチョイス。

 

一瞬、レディボーイかと思ったが、なかなかのテクニシャンで、愛想も良かった。これであれば2500バーツ支払う価値はあるものであった。

参考記事:

コメント