ケソンシティ・ティモグに夜遊びスポットが続々と誕生していた話

マニラの歓楽街と言えばマラテ、エルミタブルゴスが有名だ。

インターネットにはわんさか情報が溢れているので、初心者は多少安心していく事ができる(治安の悪さはまた別問題だが)。

ただ、長期滞在しているとだんだん飽きてくる。そんな諸君に朗報だ。今、ケソンシティのティーモッグ(Timog)が熱い!

 

ケソンシティ・ティモッグ夜遊び「韓国式KTV」

ミストリアル

 

部屋代400ペソ

ドリンク70ペソ

韓国式KTVとは大部屋ではなく個室タイプのキャバクラだ。つまりカラオケBOXのように、来店すると個室に通される。席に座りしばらくすると、店のマネージャーが女の子を引き連れて部屋にやってくる。その中からお好みの女の子を選んで横につけてカラオケを楽しむというシステムだ。ちなみに、次回来店時に、「常連だぞ」というドヤ顔をしたい場合は、そのマネージャーとは仲良くしておくことをおすすめする。

日系KTVと異なり、個室なので、他の客のダミ声を聞く必要もなく、仲間内でワイワイすることができるのが韓国式KTVの特徴。ケソンの韓国式KTVは、電話番号は気軽に聞くことができる。

韓国式だからと言って、韓国ドラマに出てくるような若いマッチョな韓国人は客にはおらず、フィリピンに溺れた30代、40代の韓国人がメインなので、若くない日本人が行っても多少はモテる。日本人ブランドをめいいっぱい披露してきて欲しい。

 

シャネル

Timog通りのEDSA側の出口、GMAの方には、シャネルという別の韓国式KTVもある。

調査報告書:shanel KTV bar

 

ケソンシティ・ティモッグ夜遊び「ダンスクラブ」

88

 

店が閉店したり、回転したり、イマイチ経営状態が思わしくない。行ったとしてもしまっている場合はあるが、開いていたとしたらラッキーだ。ただ、ドレスコードが予想以上に厳しいので、長ズボン、靴は必携だ。

 

先日いくと、またまた店名が変わっていた(2018年9月更新)。

 

プライム

クラブといえば、近くにPrimeという有名なクラブもあるので合わせて抑えておきたい。

 

マニラの若者が店内でダンスを踊る様は圧巻である。

 

レベル

 

パディスポイント

サークルのそばにあるダンスクラブ。年齢層は若干高め。

 

【好評です!】 クラミジア、エイズなど・・・自宅でカンタン、匿名検査!
◆性病検査 STDチェッカー◆
検査結果はセキュリティサイト(パソコン・スマホ)で確認。プライバシー対策万全です!

ケソンシティ・ティモッグ夜遊び「ショークラブ」

Dimension

 

現在はTABASCOに改名。エントランス料:男性120ペソ(ドリンク2本付き)、女性300ペソ(ドリンク2本付き)。いわゆるショーバー。店内のステージで様々なショーが繰り広げられる。運が良ければ、そのものも見れるかも知れないが、そのクオリティは、フィリピンクオリティ。目の肥えている日本人の若者にはちょっと満足はできないかも知れない。

誰でもかれでもという、年配の日本人にはまだ、受け入れられやすいのかも知れない。ただ、店内は例によって、かなりの大容量の音楽なので、友人同士で行っても、なかなかフランクな会話ができず、大声で話さないと聞こえないというめんどくさいことになるのは覚悟しておこう。

フィリピン人はよくあんな大音量の音楽の中で普通に話しているなとつくづく思う。おそらくタガログ語の音域が、騒がしい店内でも通るような音域なのであろう。

 

こちらも先日行くと店名が変わっていたので注意。フィリピン風俗の格言「店名で覚えるな、場所で覚えよ」である(2018年9月更新)。

 

ケソンシティ・ティモッグ夜遊び「マッサージ置屋」

Utopia

最近リニューアルされたUtopia。

調査報告書:荘厳な幻影に身を投じた不死鳥は遥かな楽園にて復活を遂げる(UTOPIA)

 

ケソンシティ・ティモッグ夜遊び「その他」

Music Bank(カラオケ):写真右、Infinity(マッサージ):写真左

クリックでGoogleMapへ

 

Infinity

1時間600円

 

マッサージ店の名前は代わっていて、カラオケは健在。その隣にはクラブもある。マッサージはあまり期待しないほうが良い。

 

コメント