タイのバーウェイトレスが「アルコールの宣伝」で逮捕

フィリピンでは喫煙の取り締まりが進行中だが、タイでは飲酒を「促進する」ために3人のウェイトレスが逮捕されたという報道がされた。

ジャンジラ・ジャンスカ、ナンチダ・プーニャマノジ、ナンタリカ・プエアッキリーら3人のウェイトレスが、セクシーなフレンチメイドに扮したソーシャルメディアの生中継ビデオを放送し、そこでバイワンテイクワンのオファーを宣伝したのである。

 


彼女らは、酒飲みたちにレオビアンビールのプロモを利用するよう、サラブリ県のBalcony BarとEateryに訪問するよう促したのである。

しかし、警察は先週の日曜日(7月30日)にバーにガサ入れし、彼女たちを警察署に運んだ。

警官はその動画を綿密に調査し続け、それが酒類の飲酒の促進を禁止しているタイの厳格なアルコール規制法に違反しているかどうかを調べ、サルブリ警察署の声明によると、「3人の女性は不適切な服を着ており、アルコールを宣伝しようとしたため逮捕された」とのことである。

 

「彼女らは、顧客がバーを訪れて午後9時までにそこで飲んで、レオを1本購入したら1本無料にするという宣伝を行った」

ジャンジラ・ジャンスカはその犯罪を認めたが、さらなる2件の捜査が保留されている間に他の2人が釈放された一方で起訴された。

先月、アルコールを宣伝するための新たな取り締まりが開始されて以来、ウェイトレスは20代前半で逮捕された最初の逮捕者であると考えられている。

この法律は2008年から施行されていたが、現在の軍事政権によって国の支配が厳しくなるまで、それは広く執行されていなかった。

 

【好評です!】 クラミジア、エイズなど・・・自宅でカンタン、匿名検査!
◆性病検査 STDチェッカー◆
検査結果はセキュリティサイト(パソコン・スマホ)で確認。プライバシー対策万全です!

それはまた、広範なセックス業界に立ち直るという意向を発表しました。

アルコールを宣伝することに対する新たな十字軍は、4人の有名人が彼らの飲酒のソーシャルメディア写真で調査された後に先月開始された。

政府のアルコール管理委員会の委員長であるサマーン・フトラクルは、酒の写真を投稿するなどして、有名人やアルコールを宣伝する事業のソーシャルメディアを監視するよう役員に命じた。

 

先月のスピーチで、警察のスポークスマン、ウィーラチャイ・ソンメッタは次のように述べている。

「彼らは彼らに対して行動が取られる前に彼らの投稿を削除するべきです。 ソーシャルメディアが人々の飲酒促進に使われているため、法律は厳しくなっている」と。

アルコール管理委員会の委員長であるサマーン・フトラクルは、ソーシャルメディアでアルコールの写真を共有していた一般市民を起訴すると脅迫している。

彼は言った「法律は伝統的な広告や人々が間接的にアルコールを飲むように奨励する人を許可していません。 これには、同じ法律の対象となる一般の人々も含まれます。」

漠然と定義された2008年の法律は、人々にアルコール飲料の宣伝やそれらを宣伝するためのアルコール飲料の名前とロゴの表示を禁じている。

犯罪者は最高1年の懲役または最高50万タイバーツ – 約75万ペソまたは15,000ドルの罰金に直面する。

【出典】https://philippineslifestyle.com/waitresses-at-thai-bar-arrested-for-promoting-alcohol/

コメント