ホーチミンマッサージ置屋風俗観光ガイド2016年秋2日目その3 ガセネタを掴まされた屈辱

空腹も満たされ再度周辺調査に向かう。元祖空港偽装置屋マッサージが閉店していたのは既に報告済み。

ホーチミン元祖空港偽装置屋マッサージのその後
一代旋風を巻き起こした空港近くの偽装置屋マッサージ。お世話になった方々もいるはずだ。 巷の噂では、移転したということなので実際に確認に向かった。 あまり雰囲気は変わっていない気がするが、昼間の2時なのに扉が閉まっているの...

 

もう一つの調査対象である、Massage Salon Sakura(マッサージサクラ)へ向かった。

 

hcmcmap10sakura

クリックでGoogleMapへ飛ぶ

 

tanbinh_sakura01

実はこの場所は昨夜のうちに一度下見に来ていた。だが、それらしき店は無かったため再度昼間の調査を決行した次第だ。

 

 

tanbinh_sakura03

地図上ではこの路地に問題の店があることになる。特に人通りが多いわけでもなく普通の路地だが、案外こういうところにその手のマッサージ店はある。

 

tanbinh_sakura02

路地に入ってすぐに突き当りに出くわす。左右の店も普通の民家なようだ。

 

路地を出たすぐのところにあるカフェでカフェダをたのみ調査資料を読み直す。WeChatのアドレスの記載もあったので「Cute Sakura」をアプリで探すが該当者は無い。

「うっかりしていた。日本人駐在員御用達の古いほうのSakuraを案内したようだ。そこのマッサージ師は下着無しの着物を着ていて良かったのだが。そこは他の店がそうであるように移動を繰り返しているので今はどこにあるか不明だ。」

情報提供者の報告書を見ると上記が書いてあった。なるほど、情報がだいぶ古かったようだ。

 

その後は、チェックアウトを遅らせてもらっていた、ティミ ホテル (Timi Hotel)へ戻り、チェックアウト後、次の目的地である、ホーチミン市第10区へタクシーで向かうのであった。

 

コメント