素人と知り合いになるためにはお店のスタッフが良い。マニラのシティオブドリームス(CITY OF DREAMS)にあるケイオス(CHAOS)とパンゲア(PANGAEA)

フィリピン人は思っているほど、軽くはない。特に素人はかなり貞操観念が硬い。日本人とは大違いだ。

日本人が持っているフィリピン人の印象は、フィリピンパブやJAの慰安ツアーによって歪められた印象だ。普通の素人は、ノリも良くないし、笑顔もない。

 

エドコンやベイカフェ、KTV、マッサージ、置屋等のフィリピン夜遊びに飽きてくると、まずぶち当たるのがこの素人の壁だ。

日本人女性のように、初対面の人と飲みに行くなど持ってのほかだからだ。

 

クラブ「ケイオス(CHAOS)」

 

今日は、マニラのベイエリアにあるカジノリゾート「シティオブドリームスマニラ」にあるクラブ「ケイオス」へ調査に向かった。

 

シティオブドリームスは2015年2月にフィリピンマニラのベイエリアにできた大型カジノリゾート。ソレア・リゾート・アンド・カジノ(SOLAIRE Resort and Casio)に次いで開業し、金色に輝く巨大なビルにカジノと三つのホテルを擁する様はまさに近未来都市だ。

 

 

中に入ると別世界が広がる。写真はシレンの滝。誰が言ったかは知らないがカジノをする人にとっては試練の滝になるそうだ。

 

 

その中にあるクラブ、ケイオス。

 

 

毎週金曜日は入場料は無料だが、この日は有名DJが来ていたということで、通常通り500ペソワンドリンク制になっていた。

 

 

大箱独特の雰囲気が良い。

 

 

要所要所で紙吹雪が舞う。

 

 

レーザーもふんだんに使われている。調査員もノリノリでダンスを勤しんだ。

 

バー「パンゲア(PANGAEA)」

 

実はこのケイオスの隣にもおしゃれなバーがある。パンゲア(Pangaea)という名前だ。どちらかの店に入店する際に腕にスタンプを押してもらえば、500ペソでどちらの店にも入れる。このパンゲアはスタッフの制服がかわいい。この姿で店内にもいるので、仲良くなるのは必須だ。

 

 

入り口から入るとはなぜか本棚が。だが、オシャレだ。

 

 

 

ケイオスはフィリピン人が多かったが、このパンゲアは西洋人が多い。アフリカ系の人たちもいた。

 

 

 

左、左から2番目、一番右、意見が分かれるところだ。左から2番目の子が店内にいるところを見計らって、事情聴取を開始。店内がうるさいため、やりとりにかなりの時間を費やしたが、なんとか電話番号を自白させた。

現地の素人とは違い、多少は外国人慣れしているためか、警戒心がそれほどない。また、パートナー募集中という情報も入手した。元モデルということもあり、かなりスタイルも良い。

現在は頻繁に連絡を取り合い、たまに飲みに行き、その後2次会という流れを楽しんでいる。

 

 

<その他マニラ関連記事>

フィリピンマニラのマカティ市 ブルゴス地区美人観光マップ(マッサージ、KTV、置屋、夜遊びまとめ)2015年版 〜灯台の眼下に広がる楽園への扉

マニラ夜遊び調査 エドサコンプレックス(エドコン)に疲れた後はローカルなKTVで

マニラ(マカティ、マラテ、エルミタ)で今ホットな夜遊び・観光スポットバウティスタ(Bautista)通り。 調査経過報告。

メトロマニラ マカティ市バウティスタ(Bautista)通り 調査計画

マカティ ブルゴスの夜遊び・観光スポット とりあえず有名どころをおさえてみたら最後におこぼれにあずかりました

エルミタ(Ermita)の置屋 初動調査結果報告

エルミタ周辺(置屋)

ブルゴス周辺(メトロマニラ マカティ市)

マラテ•エルミタ南部置屋調査計画

厳戒な扉に潜り込んだとしても蠢く闇からは逃れられない(ハリソンプラザ:Harrison Plaza)。

ネットナンパで引っ掛けたマラテ、エルミタ近くに住む少女

 

コメント