インドネシア・ジャカルタのマッサージスパ「イリーガルズ(ILLIGALS)」調査レビュー

今回はマンガブザール近辺のマッサージスパ「イリーガルズ(ILLIGALS)」の調査報告書を提出する。ここもスパマッサージの部類に属し、少々高額だが日本では味わえないマッサージを体験することができる。ちなみにイリーガルズのスペルはillegal(意味:「違法な」)では無いので、堂々と違法経営を行っているのを名前で周知しているわけでは無い。

 

目次

 

ILLIGALSへの行き方

 

マンガブザール通りを西に進み、ガジャマダ通り(Jl. Gajah Mada)を左折。

 

しばらく南下すると、上記の建物が見えてくる。Illigalsの入り口はこの建物の右側の路地を奥に進むとあるが、かなりわかりづらいので注意。

 

路地を進むとド派手なエントランスが見える。

 

 

ILLIGALSの価格と営業時間

ローカルマッサージ師は925,000ルピア、ベトナム人、中国人などの外国人マッサージ師は1,325,000ルピア、ダンサーマッサージ師は1,500,000ルピアである。営業時間は正午〜深夜0時。

 

ILLIGALSの施設

 

スパマッサージだけあって施設は綺麗で充実している。施術室も普通の個室から病院やオフィス、ジム等を模したものもあり、マッサージ師もその部屋に合わせてユニフォームを着用して来てくれる仕組みだ。

 

ILLIGALS所感

比較的ベテランマッサージ師は少なく、若くスタイルの良いマッサージ師が多い。スタッフからのチップ攻撃も無く従業員教育が行き届いている。値段は少々はるが、ホテルトラベル(過去記事:インドネシアジャカルタのナンバーワン置屋ホテルトラベル(Hotel Travel)インドネシアジャカルタのナンバーワン置屋ホテルトラベル(Hotel Travel) 2日目 〜Ankotの路線図添付済)やクラッシックホテル(過去記事:インドネシアジャカルタマッサージ業界に激震が走る。クラッシックホテル(Classic Hotel)のマッサージ置屋は3階には無かった。)で残念なマッサージ師にあたるリスクを考えると素直にお金を出してILLIGALSに来た方が良いという人もいる。

 

コメント