闇のベールに包まれた川沿いの置屋街カリジョド(Karijodo:ジャカルタ夜遊び観光)②

前回からの続き。

前回:闇のベールに包まれた川沿いの置屋街カリジョド(Karijodo:ジャカルタ夜遊び観光)①

 

 

カリジョドで調査団を待っていたものとは、ごく普通の川沿いのローカルな商店街だ。昼間ということもあり、危険な空気は一切しない。

 

しばらく、川沿いを歩くと、年齢は30歳くらいだろうか、女性に声をかけられた。もちろんインドネシア語なので何を言っているかよくわからない。私をどこかに連れて行きたいらしい。まあ、昼間なので、特に危険ではないと思い、言われるがままに連れて行かれることにした。

 

ちょうどこの写真ヤシの木のの向こう側の建物に数件のバーがあり、そこに連れて行かれた。なるほど、この女性は呼び込みで、このあと、マッサージ師と対面するのだな。念のため値段を聞いてみる。150,000ルピア、安い。

 

 

マッサージ師はどこにいるのかと身振り手振りで伝えると、私、私、のようなジェスチャーで猛烈に自己アピール。

 

そう、この30歳代の女性がマッサージ師だったのである。もちろんNext Timeと言って丁重にお断りしたのは言うまでもない。

 

その後は、某ブログに載っていたTOP GUNの場所を確認し、「こんなもんだったら、フィリピンのマニラにもゴロゴロしている」とたかをくくり、昼間の調査を終了した。

 

カリジョドの内部はカオスだというのは大げさだと思いながら、北の出口へ出て帰りはブルーバードタクシーで帰る。途中にあるロビンソン団地置屋群に寄ったストーリーはすでにみなさんもご存知だろう。

 

そして、いざ本調査、夜間にくりだした調査団が見たものとは!?

次回へ続く。

 

コメント