ホーチミン、タンソンニャット空港でSIMカードを買った際に気をつけること

現地在住者以外は、空港もしくは街中でSIMカードを購入するのが常だ。私は価格は多少はるが空港で購入する派だ。到着便が夜の時間帯が多いというのもあるが。

ホーチミンのタンソンニャット空港でもそれは同様。移民局、税関を抜けてアライバルロビーに抜けると、両替所やSIMカード売り場がある。

参考:

ベトナムでプリペイドSIMを手に入れるには?入手方法と値段を写真付きでレビュー - お得な旅行情報&旅行記 ブログ | メジャートリップ
ベトナムの空港でSIMカードを買う方法と値段(価格)を写真付きで紹介。ここで簡単にSIMカードを買うことができるよ。

 

いつもは、出て左側のVIETTELの若いにーちゃんがやっている通話付きのSIMを買うのだが、今回は何を血迷ったか、無制限のインターネットだけのSIMを買ってしまった。これが後々になりトラブルになることをこの時は知る由もなかった。ちなみに5日間でUSD10だった。

 

宿泊先に到着し、LINEの設定をしようとする。

 

vietnamline01

SIMが変わったので案の定再設定の催促がきた。メアドとパスワードは予め設定していたので、それを入力。

参考:

 

vietnamline02

実は、LINEはしばらくはパソコンでやっていた。まあ、それの履歴が消えても問題ない。

 

vietnamline03

しまった。電話番号がわからない。VIETTELのにーちゃんはレシートはおろか、パッケージすらくれなかったので自分の番号を知る術がない。

 

vietnamline04

仕方がないので以前使っていた通話番号を入力しても後の祭りだ。

 

現地での連絡先交換はZaloがあれば良いが、LINEを使えないと、他国のマッサージ師との連絡ができなくなる。最悪SIMを買い直すしかなさそうだ。

過去記事:

 

本日のZalo美女図鑑

vietnamline06

vietnamline12

vietnamline11

vietnamline10

vietnamline09

vietnamline08

vietnamline07

 

 

 

コメント