インドネシア中央ジャカルタのタナアバン地区にあった、 国鉄の線路脇に広がる置屋街「ボンカラン」。

今現在は取り壊されているジャカルタにあったボンカラン。詳細はあまりにもダイレクトすぎてここでは紹介できない。そして、未成年者は決して検索しないでもらいたい。刺激が強すぎるからだ。

 

 

ここでは、ロケーションと参照URLを紹介するにとどめておくことにしよう。

 

【ジャカルタ・フォーカス】 「線路横の××」歴史の終わり 中央ジャカルタ・タナアバン (2014年08月09日)

【ジャカルタFOCUS】劣悪な××現場働く女たちの声なき声 「捨てられた街」で生きる 合法化政策も必要か (2014年08月11日)

 

そして、上記はその際の様子だ。

 

コメント