スワンナプーム空港でSIMを買い、タニヤ、グレースホテル近辺を散策。バンコク観光2016年春

今年もまたバンコク、スワンナブーム空港に降り立った。ここからまた、あわただしい非日常が始まる。

 

老舗キャリアのDTAC。タイらしい落ち着いた印象のカウンターだ。周波数は以下のとおり。

  • 4G(LTE):2100MHz(Band 1)、1800MHz(Band 3)
  • 3G(W-CDMA):2100Mhz(Band 1)、850MHz(Band 5)
  • 2G(GSM):1800MHz(Band 3)

 

ど派手なレッドカラーが印象的なTrueMove。周波数は以下のとおり。

  • 4G:2100MHz(Band 1)、1800MHz(Band 3)、900Mhz(Band 8)
  • 3G(W-CDMA):2100Mhz(Band 1)、850MHz(Band 5)
  • 2G(GSM):1800MHz(Band 3)

 

ちなみにタイにはもう一つ携帯通信キャリアがある。AISだ。

  • 4G(LTE):1800MHz(Band 3)
  • 3G(W-CDMA):2100MHz(Band 1)、900Mhz(Band 8)
  • 2G(GSM)900MHz(Band 8)

 

最近はSIMカードも自動販売機で買えるようになった。便利な世の中になったものだ。

 

タニヤの行きつけのカフェ。

 

MBKも相変わらず健在。

 

セントラルワールドの伊勢丹にある紀伊国屋書店は日本と変わらない品揃え。

 

伊勢丹近く、ビッグC隣、スーパーリッチ近くの屋台は安定の味。

 

その後は、すきやへ。

 

日本と変わらない風景。

 

 

調査対象だったエリア。今は跡形も無い。

 

 

 

バンコク飯ははずれが無い。マニラ飯は当たりが無い。

 

 

 

昼間のテーメーカフェ。

テーメーカフェ(Thermae Cafe) – バンコク風俗観光マップ(マッサージパーラー、MP、KTV、置屋、夜遊びまとめ) 〜微笑みの先に見える闇

 

アラブ系のマッサージで人気なグレースホテル。

 

宿泊するにも申しぶんない。

 

エントランス付近にはたくさんのアラブ系女性が立っていた。

 

 

 

 

 

 

コメント